屋内位置情報サービスおすすめ紹介サイト【イチミエ】 » 屋内位置情報サービスの測位方法 » BLEビーコン(Beacon)方式による屋内位置測位の仕組み

BLEビーコン(Beacon)方式による屋内位置測位の仕組み

BLEビーコン(Beacon)は、Bluetooth信号をビーコン受信機やスマホで読み取り、屋内測位する手法です。ここではビーコンの位置検知の仕組みや、メリットデメリットなどについて紹介します。

BLEビーコン(Beacon)方式の位置検知の仕組み

BLEビーコン方式の位置情報検知とは?

ビーコン(Beacon)とは、地上の無線局などから発信された無線信号を、移動体に搭載された機器に送る仕組みのことです。例えば、高速道路では、渋滞や事故情報などをビーコンがカーナビにリアルタイムで送信しています。

BLE(Bluetooth Low Energy)とは、Bluetoothから追加された低消費電力通信で、この発信機をBLEビーコンといいます。AppleがiBeaconという名でiOSに標準搭載してから、スマートフォンと連動させて情報発信ができるようになりました。

BLEビーコン方式の検知方法

Bluetoothの送信機または受信機を屋内に複数配置するだけで、アプリをインストールしたスマートフォンなどの携帯端末で位置情報を受信します。電波の送信間隔と受信間隔を調整することで、リアルタイムで位置を補足したり、長期間ほったらかして運用したりすることが可能です。

BLEビーコン(Beacon)方式のメリット

作業の効率化

通信範囲が狭いため、物や人の位置情報を特定できるだけでなく、動きも把握できて行動分析の精度がアップします。センサーと合わせれば、遠隔地から倉庫の在庫確認も可能です。

また、オフィスや工場、倉庫などの作業確認や進捗状況も見える化でき、現場の負担が軽くなります。

販売促進とコスト削減

アプリをインストールした顧客に対して、商品情報やクーポンを配信することで販売促進ができます。

プッシュ通知によって、情報を必要とする人にだけ通知することができるため、ターゲットを絞った効率的な配信が可能。広告費などのコスト削減が期待できます。

適切なナビゲーションができる

これまで美術館などの施設では、録音された解説を流していたため、鑑賞者の場所に関係なく解説される状況でした。ビーコンを利用すれば、鑑賞者の移動に合わせた内容を伝えられるため、適切なナビゲーションが可能となります。

防犯に役立つ

子供や老人にビーコン端末を持たせることで、通信範囲内の位置情報が把握できます。リアルタイムの位置を検知できるため、防犯対策が期待できます。

BLEビーコン(Beacon)方式のデメリット

波障害物が多いと精度が低くなる

BLEビーコンは通信の出力が低いため、他の電波の反射や干渉によって、精度が低くなる可能性も。特に金属やコンクリートの壁などの障害物が多い環境では、測位精度が低くなってしまいます。

バーコードでの位置管理もセットで行うことで、改善が期待できます。

信号が届く範囲が狭い

広範囲で電波を受信できるGPSに比べ、BLEビーコンは信号が届く通信範囲が狭く、限られた範囲内でしか電波を受信することができません。

まとめ

低電力の近距離無線技術であるBLEビーコン(Beacon)方式は、工場、倉庫、美術館、図書館、ショッピングモールなど様々な場面で活用。ビジネス拡大や顧客獲得、社員が安全に働ける職場づくり、防災対策などに役立っています。

屋内位置情報サービスは、利用シーンによって、適した測位方法を選ぶことがポイントです。BLEビーコン方式による事例を紹介しているため、参考にしてみてください。

屋内位置情報サービスを活用する
主なシーン必要な機能

屋内で人や物の位置を計測できる屋内位置情報サービスは、オフィスや工場、倉庫、施設、病院、地下街、商業施設など利用シーンは様々。ここでは代表的なシーンとして、オフィス、工場、公共機関や大型商業施設での必要な機能を紹介します。

オフィスでの
フリーアドレスなら
【Beacapp Here】

引用元:公式HP
https://jp.beacapp-here.com/

特徴

①導入No.1かつユーザー数No.1
②オフィスにビーコンを設置するだけで、スマホで簡単に利用

工場での
生産性向上なら
【Ubisense】

引用元:公式HP
https://ubisense.jp/

特徴

①3D位置の追跡
②センチメートルレベルの精度の高さ

公共機関や大型商業施設での
防災対策なら
【B Catch Now】

引用元:公式HP
https://www.nittan.com/houjin/bcatchnow/index.html

特徴

①火災状況の把握
②SOSボタンにより緊急連絡先の表示

※選定条件:
2022年4月1日時点のGoogleで「屋内位置情報サービス」および「位置情報サービス」で検索して表示された屋内の位置情報を提供するサービスを調査。

  • Beacapp Here…空きスペース検索、ホテリング機能(ともにオプション)があり、オフィス屋内位置情報サービスでのユーザー数No.1(※)の会社。
    ※参照元:Beacapp Here公式HP(https://jp.beacapp-here.com/)2018年12月~2021年11月時点での累積数
  • Ubisense…さらに自社開発または海外製ツールの専属販売代理店契約を結んでいる26の屋内位置情報サービスの中から、15cmまでの精密な位置測位が可能であり、1秒あたり数千回の位置更新を行う高リアルタイム計測が可能な会社。
  • B Catch Now…さらに自社開発または海外製ツールの専属販売代理店契約を結んでいる26の屋内位置情報サービスの中から、火災の発生源を特定でき、逃げ遅れた人の所在を表示することができる会社。
オフィスのフリーアドレス化を促進