屋内位置情報サービスおすすめ紹介サイト【イチミエ】屋内位置情報サービスおすすめ紹介サイト【イチミエ】

屋内位置情報サービスを導入する際、目的に応じて必要な機能を選ぶことが生産性向上のポイント。
社員の所在把握が課題のフリーアドレス環境では、ミリ単位の測位精度は必要なく、逆に精密機器工場では、ミリ単位の製造ライン管理が必要です。
ここでは、シーンごとに押さえるべき機能を搭載したおすすめツールをご紹介します。

屋内位置情報サービスを活用する
主な利用シーン必要な機能

屋内で人や物の位置を計測できる屋内位置情報サービスは、オフィスや工場、倉庫、施設、病院、地下街、商業施設など利用シーンは様々。ここでは代表的なシーンとして、オフィス、工場、公共機関や大型商業施設での必要な機能を紹介します。

オフィスでの
フリーアドレス

オフィスでのフリーアドレス
必要機能①

社員同士の居場所を
リアルタイムで把握

社員同士で居場所が分からない場合、先輩への相談や、部長から稟議承認を得たいときなど、相手を探す手間がかかります。

社員の所在をリアルタイムで把握できると、探し回る必要がないため、作業効率がアップできます。

必要機能②

空きスペース確認&
予約機能

固定席や会議室などの共用スペースの空き状況を確認・予約できることで、会議や出社予定日を決めやすくなります。フリーアドレスの利用促進に繋がるでしょう。

工場での
生産性向上

工場での生産性向上
必要機能①

UWBの測位精度

広帯域で利用できるUWBの手法を採用することで、誤差がセンチメートルレベルの範囲で位置情報を把握できます。

特定エリアでの作業工程の見える化など、誤差を最小限に抑えたい場合には重要です。

※UWBとは、超広帯域無線を使用する位置測位方法です。
必要機能②

位置情報の
リアルタイム表示

工具などの使用状況をリアルタイムで把握できることで、進捗の遅れや異常を特定できます。すばやく、作業内容のコントロールや調整が可能です。

公共機関や大型商業施設での
防災対策

公共機関や大型商業施設での防災
必要機能①

火災発生の位置確認

地図上に火災や防災設備の場所を表示するだけでなく、火災発生階と上の階へ通知。後に全館へ通知することで、すばやい初期消化が可能です。

緊急連絡先の表示機能があると、関係者へいち早く連絡できます。

必要機能②

避難遅れの確認

人の位置情報を確認し、誰がどこに残っているのか、逃げ遅れなどの確認ができます。リアルタイムで人の位置が分かることで、スムーズな救助要請が可能です。

オフィスでの
フリーアドレス向け
おすすめ屋内位置情報サービス

ここでは、スマートフォンとビーコンを使い、マップ上で簡単に所在を確認できる「Beacapp Here」を紹介します。手間なく使用できることで、社員のハードルが下がるため、フリーアドレスの利用促進に繋がるでしょう。
フリーアドレスの導入を検討している企業は、参考にしてみてください。

Beacapp Here

株式会社ビーキャップ公式HP
画像引用元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/)
オフィスに特化した機能で
フリーアドレス化を促進

オフィス向け屋内位置情報サービス"導入社数No1"かつ、"ユーザー数No1"(※)のBeacapp Here。「オフィス内で誰がどこにいるのか分からない」「席を探す手間がかかる」といった課題に対して、低コストで解決できます。

オフィスにビーコンを設置し、アプリをインストールするだけで、社員のスマホから位置情報を確認。スピーディーな導入が可能です。

※選定基準:2022年4月1日時点のGoogleで「屋内位置情報サービス」および「位置情報サービス」で検索して表示された屋内の位置情報を提供するサービスのうち、空きスペース検索、ホテリング機能(ともにオプション)があり、オフィス屋内位置情報サービスでのユーザー数No.1(※)の会社を選定。

※参照元:Beacapp Here公式HP(https://jp.beacapp-here.com/)2018年12月~2021年11月時点での累積数

Beacapp Hereの主な機能

スマホで簡単に利用可能
スマホで
簡単に利用可能

オフィスにビーコンを設置するだけで、社員のスマホで位置情報の確認が可能です。スマホを所持していない環境では、社員がビーコンを持つスタイルや、ビーコンとスマホを混在させるスタイルに対応。

社内の状況に合わせた導入ができます。

6つの分析レポート(※Beacapp Here PRO)
ホテリング機能で
スペースを予約

固定席、オープンエリア、フロア全体など、様々なスペースの予約が可能です。

予約さえすれば、チェックイン・チェックアウトはビーコンが自動で行ってくれるため操作不要

予約状況や予約実績を確認することもできます。

エリアの混雑具合や満空情報を表示(オプション)
Teams App内で
位置確認や
チャットのやり取り

オフィスに出社している社員の所在地確認やチャットが可能です。

Teamsの画面はそのままで使用できるため、アプリを切り替える手間もありません

商業施設、建設現場、病院など様々な現場で工数削減やコミュニケーションを円滑に行えるようになります。

引用元:ビーキャップ公式YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=KfBjO6H432w)

Beacapp Hereのビーコンの特徴

Beacapp Hereのビーコンの特徴
引用元:Beacapp Here公式HP(https://jp.beacapp-here.com/beacapp-beacon/)
コンパクトで持ち運びがラク

大きさは52mm×81mm×4mmです。

名刺ほどの大きさなので、持ち運びが容易です。

交換の必要がほぼ無し

電池寿命が5年以上(※)のため、交換がほとんどいりません。

※電波の強度、発信間隔、温度等の環境によって変動します。

Beacapp Hereの導入事例

都築電気
画像引用元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/case/tsuzuki/)

社内コミュニケーションを促進し、ニューノーマルな働き方を実践するために、Beacapp Hereを導入。社員の在席管理や人を探すためだけでなく、コミュニケーションツールとしても活用しています。ログイン率98%超え、設定不備率15%未満という高い水準を達成しており、オフィス内での社員の動きをリアルタイムで可視化するHeat Mapの開発にも成功しました。

日清食品ホールディングス
画像引用元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/case/nissinfoods-holdings/)

完全フリーアドレス制導入に伴い、社員の居場所と出社状況を把握するためにBeacapp Hereを導入。約1,000名の社員が登録し、出社予約システムとして活用したり、オフィスの効率的な利用も可能になりました。
2拠点に導入したことで、もう一方の拠点の社員の出社状況や位置把握の手間が省けたという声も実際にあがっています。 さらに、部署間の交流促進にも繋がっています。

トヨタ自動車 コネクティッドカンパニー
画像引用元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/case/toyota-connected/)

フリーアドレス環境での社員の居場所確認を目的に、Beacapp Hereを導入。リモートワーク普及と中途採用増加の中で、社員の「顔と名前」を認識する環境を実現できました。 1,000名超の利用者がおり、3拠点で300箇所の検知エリアをカバーしています。社員はスマホアプリやWebブラウザ、Microsoft Teams版アプリでBeacapp Hereを使用し、オフィス内での相互交流が促進されました。
今後は災害時の迅速な対応にも役立てたいと計画しています。

Beacapp Hereの
料金プラン

ライトプラン
  • 利用者人数
    100名まで
  • 初期導入
    110,000
  • 端末設置箇所数
    30か所
  • 月額費用
    33,000円(50名まで)
    55,000円(100名まで)
参照元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/#price
スタンダードプラン
  • 利用者人数
    150名まで
  • 初期導入
    220,000
  • 端末設置料
    330,000
  • 端末設置箇所数
    50
  • 月額費用
    110,000
参照元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/#price
オプション費用
  • Beacapp Here Pro
    55,000円~/月額(利用者数500名)
  • 空きスペース検索オプション
    110,000円/月額
  • ホテリング機能
    BeacappHere利用料に対し+20%/月額
参照元:株式会社ビーキャップ公式HP(https://jp.beacapp-here.com/#price

Beacapp Hereの企業情報

企業名 株式会社ビーキャップ
本社所在地 東京都中央区日本橋堀留町1-8-11 日本橋人形町スクエア8F
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
電話番号 03-6661-0307
公式サイトURL https://jp.beacapp-here.com/

工場での生産性向上向け
おすすめ屋内位置情報サービス

ここでは、高速通信できる無線通信のUWB(※)を利用した「Ubisense」を紹介します。センチメートルレベルの精度で位置を表示できるため、特定のエリアにある人や物の位置を把握する目的で利用される工場におすすめです。
生産性向上を追求したい企業は、参考にしてみてください。

※UWBとは、8.5GHz~9.5GHz程度の超広帯域無線を使用する位置測位方法のこと。複数センサーによる正確な時刻同期と高速処理によって、高精度な測定が可能です。

Ubisenseリアルタイム
位置測位システム

UBISENSE LIMITED公式HP
画像引用元:UBISENSE LIMITED公式HP(https://ubisense.jp/)
広帯域を高精度で検知することで
業務効率化を実現

UWBを利用して高精度な3D位置を追跡できるUbisenseなら、位置測位の精度を上げたい、工場内の業務効率をアップしたいといった工場の課題を解決。プロセスの遅れや異常をリアルタイムで特定できたり、製品やデバイスを簡単に発見できたりと業務効率化が図れます。

スターターキットも用意しているため、簡単に導入が可能です。

※選定基準:2022年4月1日時点のGoogleで「屋内位置情報サービス」および「位置情報サービス」で検索して表示された屋内の位置情報を提供するサービスのうち、自社開発または海外製ツールの専属販売代理店契約を結んでいる26の屋内位置情報サービスの中から、15cmまでの精密な位置測位が可能であり、1秒あたり数千回の位置更新を行う高リアルタイム計測が可能な会社を選定。
※参照元:Ubisense公式HP(https://ubisense.jp/dimension4/
※参照元:楽天コミュニケーションズ株式会社公式HP(https://comm.rakuten.co.jp/oshirase/20211021.html

Ubisenseリアルタイム位置測位システムの主な機能

Ubisense SmartSpace® プラットフォーム
SmartSpace

物理空間内の物や人、その両方に対してリアルタイムな位置情報や状態、相互作用をモニターできるソフトウェアプラットフォームです。

関係者に、位置情報をリアルタイムで通知。接続されたデバイスを直接制御できるため、安全な利用を促進できます。

DIMENSION4™ UWBUbisenseリアルタイム位置測位システム
DIMENSION4™

重要なプロセスにおける人や物の位置を、3Dで特定できるソリューションです。雑然とした屋内の産業環境でも、センチメートルレベルの精度で表示できます。

1秒あたり数千の位置情報を処理するセンサーに拡張できるため、対象物が増えても安心して利用できるでしょう。

DIMENSION4™ センシングテクノロジータグモジュール
DIMENSION4™
タグモジュール

標準のUbisenseタグの追跡機能だけでなく、他のデバイスに組み込む機能を提供します。

コンパクトでありながら、正確な追跡を行うのに必要なアンテナが搭載。端子により、ホストデバイスや外部のセンサーと、双方向の通信が可能です。

引用元:Ubisense公式YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=KfBjO6H432w)

Ubisense RTLS スターターキットのビーコンの特徴

Ubisense RTLS スターターキットのビーコンの特徴
引用元:Ubisense公式HP(https://ubisense.jp/starter-kit/)
保守サポートサービスが1年間

ソフトウェアのバージョンアップ版の提供や、メールでの問い合わせ対応を行ってくれます。

Smartspaseライセンス搭載

タグを20個まで利用することが可能です。

Ubisenseリアルタイム位置測位システムの導入事例

航空宇宙および防衛
Ubisenseリアルタイム位置測位システムの導入事例
※画像引用元:UBISENSE LIMITED公式HP(https://ubisense.jp/aerospace/)

人や工具、製品のリアルタイムな動きと相互作用を追跡するUbisenseを利用することで、複雑な製造工程やテストプロセスを持つ組織や企業の生産性が向上。リソースや資産使用率がアップし、エラーを減らすことができます。

SmartSpaceを活用することで、生産計画と実際のプロセスの間にあるギャップを埋め、製造システムをビジネスプロセスにつなげることが可能です。SmartSpaceは、位置情報を利用してリアルタイムなデジタルツインを提供し、品質や生産性の向上、コスト削減を実現しています。

Out Board
画像引用元:UBISENSE LIMITED公式HP(https://ubisensejpstg.wpengine.com/customers/)

ライブやショーなどのエンターテインメント市場を先導している企業です。 Ubisenseを導入したTiMax TrackerD4を通じて、パフォーマンス中の演者の動きを正確に追跡しています。このリアルタイムでのローカライズによって、ズレの無いボーカルや3Dサウンドエフェクトを実現し、没入感の高い体験を提供しています。
常設から一時的な舞台まで、さまざまな場所での使用が可能で、ブロードウェイなどのミュージカル公演にも使用しています。

CLAAS
画像引用元:UBISENSE LIMITED公式HP(https://ubisensejpstg.wpengine.com/customers/)

1913年設立のCLAAS社は、農業機具を製造する家族経営の世界的なメーカーです。
トラクター製造施設へのUbisense導入により、複雑な製品の生産における無駄が削減され、生産効率が向上しました。

Ubisenseリアルタイム位置測位システムの料金プラン

公式HPに記載がないため、詳細は国内販売代理店の楽天コミュニケーションズ株式株式会社にお問い合わせください。

Ubisenseリアルタイム位置測位システムの企業情報

国内販売代理店 楽天コミュニケーションズ株式会社
本社所在地 東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
電話番号 050-5581-8171
公式サイトURL https://comm.rakuten.co.jp/

公共機関や大型商業施設での防災対策向け
おすすめ屋内位置情報サービス

ここでは、人や物の所在や、火災情報をリアルタイム表示できる「B Catch Now」を紹介します。火災発生場所の表示だけでなく、発生場所フロアへの通知などの機能が充実しているため、防災対策におすすめです。
防災対策の強化を検討している企業は、参考にしてみてください。

B Catch Now

ニッタン株式会社公式HP
画像引用元:ニッタン株式会社公式HP(https://www.nittan.com/index.html)
火災情報を表示させることで
初動応援支援が可能

B Catch Nowでは、防災対策に特化した機能が充実しています。火災発生場所を表示させるだけでなく、館内への通知や、緊急連絡先も表示。火災状況の把握や初期対応のサポートをします。

また、誰がどこに残っているか、逃げ遅れの確認ができることで、被害を最小限に抑えられるでしょう。

※選定基準:2022年4月1日時点のGoogleで「屋内位置情報サービス」および「位置情報サービス」で検索して表示された屋内の位置情報を提供するサービスのうち、自社開発または海外製ツールの専属販売代理店契約を結んでいる26の屋内位置情報サービスの中から、火災の発生源を特定でき、逃げ遅れた人の所在を表示することができる会社を選定。

B Catch Nowの主な機能

火災状況の把握
火災状況の把握

感知器が火災を感知すると、登録者のスマートフォンに一斉通知。屋内の人の位置や火災場所、消火設備の場所、非常口等が表示されます。

火災状況を把握できるため、どのような行動をすべきかすばやく判断できるでしょう。

火災の初期対応
火災の初期対応

SOSボタンを押すことで、緊急連絡先を表示。火災発生を検知した感知器から最も近い、警備員や従業員の名前と電話番号を把握できます。

防災センターからの初期消火指示や、避難誘導指示等が出しやすくなるでしょう。

避難遅れの確認
避難遅れの確認

誰がどこに残っているのか、逃げ遅れた人がいるのか、スマートフォンの画面上で位置情報を確認。火災が発生している環境でも、居場所を正しく把握できます。

救助が必要な場合でも、迅速な支援が期待できます。

B Catch Nowのビーコンの特徴

検知範囲は半径5~10m

ビーコンから半径5~10mをカバーしてくれます。

障害物の影響を受けにくい

天井の感知器と共に設置するタイプのため、机などの障害物の影響を受けにくくなっています。

B Catch Nowの導入事例

栗田工業
画像引用元:NITTAN公式HP(https://www.nittan.com/feature/cs202208_kurita.html)

約100室ある研究・実験室とフリーアドレス制オフィスにいるスタッフの居場所を把握するのが難しく、B Catch Nowを導入。
往来するスタッフの所在をリアルタイムに確認することができ、さらにコミュニケーションの活発化にも成功しました。
B Catch Nowは、火災報知機と連動して安全を確保したり、プライバシーへの配慮も施されているため安心です。
将来的にはスタッフのみならず訪問者にも利用を拡大していくことを目指しています。

カルビー
画像引用元:NITTAN公式HP(https://www.nittan.com/feature/cs202309_calbee.html)

B Catch Nowの導入によって、広大な敷地内の6棟の工場や倉庫の管理者向けに火災情報を迅速に送信しています。
警報が発生した場合に管理者はどこにいても自分のスマートフォンで警報エリアを確認できるため、最も近くにいる管理者が現場に向かうことが可能に。導入前より迅速な状況把握を実現しました。
またB Catch Nowの充実した機能で、管理者間の連携も強化されました。

B Catch Nowの料金プラン

公式HPに記載がないため、詳細はニッタン株式会社にお問い合わせください。

B Catch Nowの企業情報

企業名 ニッタン株式会社
本社所在地 東京都渋谷区笹塚1-54-5
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
電話番号 03-5333-8601
公式サイトURL https://www.nittan.com/index.html

【PR】フリーアドレスが抱える課題とは?

社会情勢の変化に対応するため、フリーアドレスを導入する企業が増えています。一方で、廃止や失敗事例も少なくありません。

そこで、フリーアドレスで位置情報が把握しづらくなることで発生する課題や、課題を解決するために抑えておきたい機能などを紹介します。フリーアドレスを導入したことで、業務効率に悩んでいる企業はチェックしてみてください。

フリーアドレスツールを
活用できてると感じますか?

管理側
現場側

▼対象
管理側:「人事部、総務部、経理部、法務部、情報システム部、技術部での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」と答えた20歳~59歳の会社員219名
現場側:「営業部、広報部、マーケティング部、顧客対応部(カスタマーサクセスなど)での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」と答えた20歳~59歳の会社員157名

▼期間
2024年3月19日~2024年4月2日(調査機関:Fastask)

フリーアドレスツールの便利だと思う機能は何ですか?

棒グラフ1

▼対象
管理側:「人事部、総務部、経理部、法務部、情報システム部、技術部での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」と答えた20歳~59歳の会社員219名
現場側:「営業部、広報部、マーケティング部、顧客対応部(カスタマーサクセスなど)での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」と答えた20歳~59歳の会社員157名
※複数回答可能

▼期間
2024年3月19日~2024年4月2日(調査機関:Fastask)

どのような機能があればフリーアドレスツールを
より便利に使うことができると思いますか?

棒グラフ2

▼対象
管理側:「人事部、総務部、経理部、法務部、情報システム部、技術部での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」と答えた20歳~59歳の会社員219名
現場側:「営業部、広報部、マーケティング部、顧客対応部(カスタマーサクセスなど)での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」と答えた20歳~59歳の会社員157名
※複数回答可能

▼期間
2024年3月19日~2024年4月2日(調査機関:Fastask)

フリーアドレスツールの使用時に
どのような点が面倒に感じますか?

棒グラフ3

▼対象
管理側:「人事部、総務部、経理部、法務部、情報システム部、技術部での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」20歳~59歳の会社員のうち、フリーアドレスツールを使用する上で面倒だと思うことがあると答えた132名。
現場側:「営業部、広報部、マーケティング部、顧客対応部(カスタマーサクセスなど)での勤務経験時にフリーアドレスを導入したことがある」20歳~59歳の会社員のうち、フリーアドレスツールを使用する上で面倒だと思うことがあると答えた77名。
※複数回答可能

▼期間
2024年3月19日~2024年4月2日(調査機関:Fastask)

屋内位置情報サービス一覧

Wi-Fiやビーコンを利用して倉庫や工場での物や人の管理ができる、屋内位置情報サービス一部紹介します。特徴をまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

ABFinder

ビーコンを利用した、株式会社ジークスの屋内位置情報サービスです。ビーコンを設置して、セットアップするだけで導入が可能。
工場や倉庫、フリーアドレスオフィス、病院で利用できます。

Beacapp Here

フリーアドレス利用向けの機能が充実している株式会社ビーキャップの屋内位置情報サービスです。リアルタイムな所在地を、ビーコンとスマートフォンを使って簡単に見える化できます。

EXHospital
(エクスホスピタル)

医療従事者が携帯するスマートフォンとEXBeaconで、位置情報を収集。
マップ上で、スタッフや患者の位置を可視化することで、業務効率化に繋がります。

GeoMation

建設工事現場からマーケティングまで、幅広い分野に対応している日立ソリューション株式会社のサービス。屋内位置などを空間情報として見える化する、空間情報技術を核としたソリューションです。

iField indoor

業務効率化を向上させるマルティスープ株式会社のサービスです。工場や工事現場、倉庫、病院内の人や物の動きを見える化できます。
分析項目や表示形式は、業務に合わせたカスタマイズが可能です。

InQross

作業する人の位置や状態データを収集して見える化するサービスです。主に倉庫や施設、工場で利用できます。
利用方法はビーコンタグを設置するだけなので、簡単に導入可能です。

屋内位置情報サービスを
もっと見る

iPNT‐K™

Wi-Fiを使って屋内位置情報を測位する川崎重工業株式会社のサービスです。オフィスや工場、公共施設などで利用できます。
インフラ整備の測位機材設置などを設置せずに、利用可能です。

Linki

工場内の機器をグループ化することで、稼働状態を見える化します。フロア図に機器のアイコンを配置することで、工場全体の稼働を可視化。
OPCUA通信のサポートによって、稼働状態のデータ収集も可能です。

TAGCAST

電池式ビーコンを設置するだけで、店舗や施設の位置情報を提供。電源不要のため、設置場所を選ぶことなく利用できます。
また、無償提供のTAGCAST-SDKでアプリ開発も可能です。

uLocation

BLEタグで人や物の位置や動きを測位し、見える化するサービス。工場や病院、オフィスで利用できます。
検知された位置はデータベースに蓄積されるため、他システムとの連携もしやすいです。

Ubisenseリアルタイム
位置測位システム

ヤードの資産追跡や工具の使用状況の把握、配車管理などのシーンで利用するサービス。精度の高いUWB技術を採用することで、センチメートル単位の正確な位置情報を取得できます。

Check the Room

ビーコンとゲートウェイを使用し、会議室の利用状況や人数をリアルタイムで見える化。ビーコンを鍵や人に取り付けることで利用できます。
薄型かつ軽量のため、持ち運びが可能です。

BestSkip RTLS

高精度なUWB通信技術を採用し、高精度な位置情報の取得を実現します。工場やオフィス、高齢者施設などで活用。
データの可視化によって、現状把握や分析ツールとして活用できます。

屋内位置測位システム
(アトムシステム)

工場や倉庫など様々な場面で活用。柔軟なカスタマイズで、現場の状況に合わせた機能が追加できます。
特殊なアルゴリズムを組み込むことで、誤差数メートルを実現しています。

B Catch Now

防災対策における機能が充実したサービスです。火災発生場所の表示だけでなく、発生した建物内への通知や、緊急連絡先のガイドにも対応。
逃げ遅れの確認もできることで、被害を最小限に抑えられます。

Esriジャパン

目的地までのナビゲーションや作業員の業務効率など、様々なシーンで利用。専用のアプリで、スマートフォンでの表示が可能です。
ナビゲート利用時に、屋内マップ上に位置が表示されるため、目的地まで迷わず移動できます。

VENUE

地球が発している磁気や地場である地磁気を利用したサービス。地磁気センサの採用で、導入コストを削減しています。
速度センサやジャイロセンサの提案によって、位置情報の精度向上も可能です。

Mist Systems

誤差1m以内の高精度な道案内が、リアルタイムで表示可能。ショッピングモールや倉庫など、様々なシーンで利用できます。
市販のビーコンタグの電波もキャッチでき、資産管理にも活用可能です。

Genavis測位
プラットフォーム

ビーコンやWi-Fi、UWBなど様々な測位方法に対応しています。現地の環境調査から測位方式の相談、システム設計までワンストップで提供。
目的や導入背景に合わせた提案が可能です。

obniz

クラウド上でコントロールできるサービス。セキュリティ体制が整っているため、安心して利用できます。
倉庫や資材庫での製品の位置管理や、施設内の混雑状況を監視するなど、様々なシーンで利用可能です。

Quuppa

BLEとAoA技術を採用した高精度なサービスを提供。スマートフォンとの親和性が高く、手軽に利用可能です。
BLEとAoA技術を採用し、高精度なサービスを実現しています。

SmartOfficeNavigator

社員の位置情報を取得できるサービスです。会議室の検索や予約、オープンスペース管理などオフィス向けの機能が充実。
会議室の利用状況を可視化するなど、オフィス環境を改善できます。

Suwary

オフィスや大学図書館などで利用できる座席管理システムです。座席予約ができることで、スペースの有効活用を促進できます。
シンプルな管理画面で、簡単な操作が可能です。

unerry

人流データの見える化や、データを基にした解析が可能です。オフィスや施設などで、日常行動の傾向や来訪目的などを推計できます。
分析データを利用することで、人流を分散させる施策が可能です。

Wave Technology

フォークリフトや無人搬送車などの位置情報を可視化。測距レーザー方式や磁気センサー方式で、位置情報を高精度に読み取れます。
柔軟性のあるサポート体制のため、幅広いシーンで活用できます。

HERE

渋滞による配達遅延の解消や、効率的な車両管理のソリューションです。高い拡張性で、高精度なサービスを提供できます。
ガイドラインの利用で、疑問を解決できる環境が整っています。

MetCom株式会社

従来の屋内測定技術に、地上から電波を送信するMBSを組み合わせ、高精度な屋内・地下での位置情報サービスを実現。スマートフォン内蔵の気圧センサー情報と基準点気圧情報をネットワーク経由で分析することで、垂直測定も可能にしています。

Linkit

勤怠管理・位置情報共有・ビジネスチャットが行えるサービスで、非接触自動打刻やソーラーパワーによるビーコンの自動充電など、便利機能が使えます。100万人単位で施設・人の位置情報を管理できるサービスは、災害時の安否確認にも役立ちます。

株式会社マトリックス

株式会社マトリックスでは、タグを携帯していればハンズフリーで利用できる屋内位置情報サービス・入退室管理システムを提供しています。「dokoja(ドコジャ)」との併用で1IDにつき最大100人までの行動管理が可能です。

KINEXON OS

KINEXON OSは、工場内のIIoT を推し進めるためのソフトウェアです。ブラウザ上で位置情報のマッピング・解析が可能です。取得した位置情報を元に、さまざまな自動化アプリケーションの実装ができ、工場の生産効率を上げることができます。

ARU

ARUは、工場や倉庫の備品管理や備品の稼働状況管理を可能にする位置情報管理サービスです。無料トライアルの申し込みを受け付けており、1ヶ月間無料でお試し可能です。情報を資産化して業務効率化を促すことができます。

屋内位置情報サービスの測位方法

屋内位置情報とは、GPSなどの電波が届かない屋内でも、人や物の位置情報を取得できる技術のことです。ここでは、BLEビーコンやWiFi、USBなど主な即位方法を解説します。

CHECK

BLEビーコン(Beacon)

ビーコンからのBluetooth信号を、ビーコン受信機やスマートフォンで読み取り、位置情報を取得する手法です。倉庫や工場内の作業確認や、フリーアドレスオフィスでの所在確認など、様々な用途に利用されています。

Wi-Fi

無線LANから発信されるビーコン電波を受信し、アクセスポイントとの距離を推定して測位を行う手法。地図アプリなどに利用されており、導入コストをかけずに導入できます。

UWB(Ultra-Wideband)

広帯域無線を使用し、UWB受信専用タグでのみ受信します。コストはかかりますが、誤差15㎝で位置を測位できるため、高い精度が見込めます。

自律航法(PDR)

スマートフォンなどの端末に搭載されている加速度センサや、地磁気センサを用いた手法です。スマホを持っている人の移動方向や移動量などを計測して現在地を推定するため、大型商業施設などで採用されています。

IMES(屋内GPS)

民間企業とJAXAが共同開発した方式で、電波の届きにくい屋内や地下街でも計測が可能です。オフィスや工場、倉庫などで利用されています。

地磁気センサー

建造物の鋼材や鉄材が発している磁気を、スマートフォンなどの受信機で受信する手法です。商業施設のナビゲーションや、屋内災害時の避難などで利用されています。

RFID

専用リーダーにて、設置した無線通信タグを読み込みます。数cmから数十メートルまで対応しているので離れた場所でも読み込める点が特徴。

超音波

指向性の高い超音波により、高精度な位置検知を行えます。隣の部屋や上下階の区別ができるため、3次元的なナビゲーションも可能できるでしょう。

可視光

LED照明に情報を送信する機能を追加し、屋内の位置情報を把握する手法です。既存のLED照明器具をそのまま通信インフラとして活用できるため、低コストで屋内位置測位の導入が可能。電波通信だと障害が発生しやすい屋内や地下での位置取得に適しています。

気圧

気圧を利用して高さを計算する方法です。基準点となる気圧データをもとに、リアルタイムにデータを比較して測位対象端末の所在地を特定します。気圧を利用した測定の精度は高く、フロアレベルで高さの特定が可能です。

マーカー

紙状媒体のマーカーを用いて行う位置測位技術です。屋内外で精度の高い&シームレスな位置把握が可能なほか、電池交換などのメンテナンスも不要となります。位置情報が目まぐるしく変動する資材管理に適した方法です。

シーン別屋内位置情報サービスの活用事例

屋内位置情報サービスや、目的に応じて利用される場面は様々。フリーアドレスオフィスで社員の所在確認や、工場での作業見える化など、利用シーンごとに事例を紹介していきます。

フリーアドレスの位置情報サービス事例

フリーアドレスの位置情報サービス事例

フリーアドレスオフィスでは、社員の所在が確認できなくなることで、コミュニケーション不足や作業工数がかかるといった課題に対して、屋内位置情報サービスを導入することで解決。フロア間の移動がスムーズになったことで業務効率化に成功した会社や、オフィス空間を有効活用できた会社の事例を紹介します。

工場の見える化の位置情報サービス事例

工場現場の見える化の位置情報サービス事例

工場では、作業工程の管理や、従業員の勤怠管理などで活用。作業者の負担を削減できた工場や、製品ごとの進捗管理がしやすくなった工場の事例を紹介します。

病院内の位置情報サービス事例

病院施設の位置情報サービス事例

病院では、医療従事者の勤怠管理や、病院内を移動する患者や医療スタッフの位置情報を把握するために活用。勤怠情報を見える化することで現場の負担を軽減できたり、医師が効率的に回診や在宅訪問できるようになったりした事例を紹介します。

人流調査の位置情報サービス事例

人流調査の位置情報サービス事例

人流調査では、公共施設や商業施設、駅などの人の通過や動向、交雑状況などを計測するために利用。ワクチン接種会場で活用した事例や、駅利用者の人流分析調査をした地方自治体の事例を紹介します。

防災のための位置情報サービス事例

防災対策のための位置情報サービス事例

防災対策では、二次被害を防いだり、被害を最小限に抑えるために活用。消防車の車両管理や、現場の様子をリアルタイムで把握できるようにした事例を紹介します。

空港内の位置情報サービス事例

空港内の位置情報サービス事例

空港では、初めて訪れた利用客への空港内地図の案内や、不特定箇所に点在する手荷物カートなどの膨大な数の空港備品管理が課題として挙げられます。このページでは、屋内位置情報サービスを活用することで、これらの課題に取り組んだ事例を紹介します。

商業施設・ショッピングセンターのイメージ画像

商業施設・ショッピングセンター
位置情報サービス事例

商業施設やショッピングセンターでは、買い物客への高精度な情報配信やナビゲーションを提供することが課題として挙げられます。それらを克服すべく施設に導入された、屋内位置情報サービスの実際の事例を紹介しています。